レモンの木陰

サンフランシスコ・ベイエリアのはしっこで中途半端な田舎暮らし。 パラサイトな娘たちに怒り、ワンコたちに癒される毎日。

ブログ終了します

今まで私のブログを訪問して下さってありがとう。

仕事がなくなって急にできたヒマを持て余し、
ブログを始めて四年半。

飽きっぽいのに頑張って、笑
よく続いたものだと我ながら感心しています。

突然ですが、このブログはここで終了する事にしました。


長い間ありがとうございました。








にほんブログ村 主婦日記ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ












予想もしなかった知り合いの死

90年代、私たちが日本から引っ越してきた頃、
良くしてくれたダディーの同僚がいました。

奥さんも感じ良く、子供もウチの娘たちと近い年、
週末は一緒に出かけたりして楽しく過ごしたけど、
彼の転職で一家は遠くに引っ越してしまい、
以来、忙しさもあって疎遠になったまま。

野心家の彼はその後も出世街道まっしぐら、
資産運用もしっかりで、
けっこうな豪邸に住んでるという風の噂、
うらやましいな〜、なんて思ってました。

ところが昨日、
共通の友人のSNSで彼の訃報を知って愕然。
あんなに頭脳明晰、エネルギッシュだった人が。

五十代のストレスの一つに、
「同世代の知り合いの死」というのがあったけど、
なるほど。

三十代、四十代と仕事や子育てに頑張ってきて、
「さ〜、そろそろ一息つけるかな」って時、
忍び寄ってたものにガツンと襲われる恐怖。

うちの父も59才で逝ってしまったので、
母はちょうど私の年だったのかと改めてびっくり。

やっぱり誰もが言うように、
一日一日を大事に生きてく、、、に行き着くのかな。

こんな日は持ち物の断捨離にも拍車がかかる。苦笑

image

庭の隅にほっといたのにきれいに咲いてくれたツル薔薇、

image

名前に惹かれて植えた、
デビッド・オースティンの Strawberry Hill (ストロベリー・ヒル)です。






ポチッとよろしく。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ



薔薇いっぱいの古い墓地を散歩

胸張って言えるほどの趣味じゃないけど、
古い共同墓地を歩くのが好きです。

ドイツの田舎で何百年も前の墓地を歩いた夕暮れなんて、
有名な観光地よりよっぽど印象深かったし。

そんな私がサクラメントにある古い墓地の薔薇が満開、
(Old City Cemetery) と聞いてさっそく行ってみました。

ちょうどカリフォルニア・ゴールドラッシュの1849年、
当時のヴィクトリアン調で作られたというから、
それはそれは薔薇が似合うはず。

image

朝から青空が広がって墓地巡りにはもってこい。笑

街を作った名士たちの多くがここに眠っています。
ほんとに薔薇の匂いがあたりにむせかえるほど咲いてる。

image

平日の朝だからか歩いてるのはお墓参りに来ている数家族、
そしてガーデナーのおじさんたちくらい。

image

薔薇だけでなくアイリスや、

image

フリージアも満開で、

image

カリフォルニアポピーも咲いてます。

image

こっちにはラベンダーがきれい。
ボランティアの人たちの努力のおかげ。

image

2015年には米国ガーデニングの協会から表彰されたそうで、
なかなか素敵なプロジェクトです。

image

打ち捨てられた共同墓地も美しいガーデンに変われば、
犯罪やバンダリズムの温床になるのを防げます。

ところでちょっと気になったこのお墓、
ローディーって猫なのか、人間なのか?

image

帰ってダディーに写真を見せたら、
「墓地にペットの埋葬は珍しいけど苗字がないから猫だね」

トリビアに関しては頭のいい末娘も、
「教会の墓地じゃないからペットでも入れたんじゃないの」

とってもとっても愛されてた猫ちゃんだったのね〜。

image

二つ並んだお墓、
こんなのんびりした所に眠れてうらやましい。

だって昨今のベイエリアはお墓が足りなくて大変なのよ。

私なんてウィスコンシンのグランパとこにお邪魔しようか、
ロビン・ウィリアムズみたいにサンフランシスコ湾に散骨してもらおうか、
本気で悩んでるんだから。笑





ポチッとよろしく。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ


この季節にやって来るお客さん

イースターの頃は決まって寒さが戻ってくるけど、
今日はやっと暖かくなりました。

もう4月、うちの庭の隅で忘れてたジャスミンが咲いて、

image

こぼれ種で増えたナスタチュームも咲いて、

image

薔薇も咲き始めました。

image

そして、
この季節になるとやって来るお客さん、

image

カリフォルニアの州鳥、バレー クォイル、
グレーの色合いがとってもエレガントなウズラです。
頭のてっぺんにピロンと素敵な飾りが付いてるの。

ダディーが「来てる来てる、ローズマリーの茂みにいるよ」
と今朝教えてくれました。

ネス湖から顔を出したネッシーみたい。笑

初夏になると奥さんとかわいい子供達を連れて、
トコトコこの辺を歩くようになります。




ポチッとよろしく。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

フードトラックの寿司ブリトー

サンフランシスコ市役所で新郎新婦を眺め、
晴れあり雨ありの長い結婚生活、早まって離婚しないでね、
などと老婆心ながら願いつつ、、、

image

渋滞で帰りそこねたので、
気分を切り替えもうひと遊び。

image

ゴールデンゲートブリッジの方までやって来ました。
春になってから観光客も急に増えたみたい。

image

クリッシーフィールドから橋の近くまで登ります。

image

野ばらが咲いてた。

image

ギフトショップはすでに閉店時間。

夕方からヘイトアシュベリーの方でフードトラックが出るそう。
お腹すかしてそっちへ向かいます。

image

途中、夕暮れの景色が綺麗だったので、

image

Palace of Fine Arts に車を止め、
ドームの向こうに沈む夕日を眺めてたら、

image

ヨーロッパみたいな神秘的な雰囲気に、
イタリア、ヴェロナで見た堀のある城跡を思い出しました。

image

フードトラックに着いたら若い人たちでいっぱい、
けっこう肌寒くなってたけどみんな平気なのね。
ジャズバンドも演奏しててなかなか楽しい雰囲気でした。

image

寿司ブリトー、ゲット。
ライスペーパーで包んでてガブリと食べられます。
うまいこと考えますね〜。
味も新鮮でなかなかイケます。

image

そして、いちばん長い列だったこのドーナツ屋さん。

もうほとんど空になったショーケースです。
私たちの手前でCRO-Dough 最後の一個も完売。泣

image

街に出てこういう所をたまに歩くと、
若い人たちの頑張ってるパワーが伝わってくるので好き。

そして、ずっしり大きなドーナツをおみやげに家路へ。

image

夜 8:30なのにまだ混んでたフリーウェイの入口、
この日は事故があったらしいです。

寝る前にドーナツ食べました。
本物のオレンジやブルーベリーの香り。

でもやっぱりドーナツって、、、甘すぎる。笑




ポチッとよろしく。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ



フィルモアストリートでシーフードランチ

サンフランシスコの渋滞は珍しくもないけど、
この日はすごかった。
向かう時から結構ノロノロでした。

気候が良くなったからか、春休みが始まったからか?

ジャパンタウンのいつもの駐車場も満車のサインです。
こんなの初めて。

たまたま路上パーキングの空きを見つけて停めたら、
あーそういう事か、、、カードが機能しなかった。
焦って小銭をかき集めて二時間分投入。
まずはラッキー。笑

image

桜が咲いてました。

本屋さんでまた何冊か衝動買いし、
お腹が減ってきたのでランチにしたいんだけど、
外国人オーナーの日本レストランの味にはもう飽きたので、
がんばってフィルモア ストリートまで歩きました。

image

娘が美味しかったと言うシーフードレストラン、
WOODHOUSE(ウッド ハウス)でランチです。

コクのあるチャウダースープは、
クラムがとっても柔らかでした。

image

娘のフィッシュ アンド チップス。
さすがにこのボリュームはムリ。

ちょっと味見したらサクサクの衣に、
熱々のふっくら白身でビールが欲しくなる。

image

私はほぐした蟹の身いっぱいのクラブケーキ。
サラダにはビーツやハーブも入ってました。

隣の席に二人のおじさん。
オイスター、アーティチョーク、魚のフライなど、
ごちそうがテーブルいっぱいに並んでて、
他人の食べ物ながらつい目が行っちゃう。

娘が日本語で、
コノオジサンタチ、スゴく、タベテル。笑

image

サービスもお水が減ったらすぐ注いでくれる
(日本では当たり前だけど) 爽やかスタッフで、
リピートになりそうなこじんまりしたレストラン。

それからちょっとドライブして、
こないだの"サンフランシスコでいちばん可愛いお菓子やさん"へ。

image

ここも八重桜が咲いてます。

image

おしゃれです。
お伽の国のティーパーティーに迷い込んだアリス? 笑
でもファンシーすぎて自分で食べるには勿体ないかも。

image

前にある公園で一休みして、

image

ぐるぐる街を歩いてたら、
話題のブルーボトルコーヒーのお店を見かけました。

image

見落としそうな店構え。
よく見たら左下にサインが出てるけど。

まだ飲んだ事ありません。
日本の一人分ずつ淹れる喫茶店コーヒーを、
ヒントにしてると聞いたけど。

image

サンフランシスコ市役所まで歩くと、
ベルギーのテロ事件に哀悼の意を表してか半旗になってました。

image

屋内は映画の撮影などにも使われるらしいです。
この日も花嫁さんがいっぱいで写真にポーズ。

いや〜、予想以上に豪華。
壁も床も大理石、彫刻も繊細で美しい。

image

よく見ると階段がすり減ってる?
たくさんの紳士淑女が歩いたのね〜。

サンフランシスコの華やかな時代に想いを馳せる、、、
アメリカでの百年ってすごい昔なんだから。笑

さて、たまには早く帰ろうとフリーウェイに向かったら、
ものすごい渋滞に巻き込まれ同地点に30分スタック。

やっとの事で抜け出し街にUターン、
やっぱり夜まで時間をつぶすことにします。 続く






ポチッとよろしく。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

涙のひび割れスマホ

うちのバカ娘、
こないだ LAのネズミのお城で遊んでた時、
買ったばかりのiPhoneを落とし、
スクリーンにひびを入れてしまいました。

「iPhoneのスクリーンって割れやすいのよ、
みんなそう言ってるもん」
ちょっと〜、まるで Appleが、
スクリーン修理代で儲けてるような言い訳。

保険入っといて良かったよと思ったら、
修理代 150ドルもかかるんだって。
何のための保険?
やっぱりこれで儲けてるのか? 笑

万年金欠病の下の娘の方は、
この150ドルをケチってたんだわ。
軽くひびの入ったスマホを数年間使ってます。泣笑

Apple ショップにアポを入れておいても、
修理に1時間半かかるそうでモールをブラブラ。

付き合ったお礼にラーメンおごってもらっちゃった。
今日のは黒ゴマとんこつスープ。

image

半熟卵がいい感じで美味しかったです。

さっそく翌日、ダディーの スマホケース、
強そうなのをアマゾンにオーダーしました。
Otter Box 名前の通りラッコがかぶさってるようなの。笑

ダディーも新しいiPhone を買ったばかり、
ぜーったいひび割れ修理代に貢献しそうな一人。

前回、車の屋根に「ちょっと置いといて」
どっかで振り落としてしまった人ですから。




ポチッとよろしく。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ




なかなか進まない散歩です

晴れたと思ったら大雨が降ったり強風が吹いたり、
目まぐるしく変わる今日の空模様。

朝の天気予報もそう言ってたから、
早いうちに散歩に行ってきました。

image

春になると楽しみにしてる近所のフリージア、
今年も満開です。
そばを歩いてるだけで良い香りが風に漂ってる。

雨が降るのが分かるのかな?
カタツムリがいっぱい出てました。

image

見つけるたびチーちゃんがチョッカイ出すので、
なかなか散歩が進みません。

焦って逃げるカタツムリのてんてん足跡がかわいい。笑




ポチッとよろしく。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ


SFスランテッド ドアでランチ

ランチに出かけました。
サンフランシスコのフェリー ビルディングにある、
あの Slanted Door スランテッド ドア。

image

フュージョン・ベトナム料理で有名だから、
楽しみにしてました。

image

ベイブリッジが一望できるテーブルに通されたのは、
前もって予約してくれてた友人のおかげ。

平日でもお昼には150席が満席になるんだって。
アメリカで最高においしいベトナミーズ という、あの評判は本当らしいです。

image

まずはパパイヤ サラダ。

千切りより更に細く切ったパパイヤに、ピリ辛ドレッシングがしっかり沁みて、
シャキシャキ歯ざわり。

image

メインのユバ ヌードル、
米粉の透き通った麺に日本の湯葉が混ざってます。

味付けはしっかりだけど甘いとか塩っぱいじゃなくて、
いろんなも風味がが上手く凝縮した感じでさすが。

image

そしてデザートは、キャラメリゼした金柑とオレンジのスライスに、
アールグレイ風味のソースがけプディング。

ちょっと甘めだけどこれも味が濃くて美味。

image

こちら友人オーダーのアイスクリーム。

通りに停めた車を見に席を外した間にちょっと溶けちゃった。
サンフランシスコはパーキングが大変です。

image

コットンキャンディー(綿菓子)は、
その日によって味が変わりこの日はマンゴー。

「こないだのライチの方が良かった」と、も一人の友人。
せっかく可愛いコッコちゃんがついてるのに。笑

image

値段設定は高めだけど美味しいので大満足。
今度またお小遣いためて食いしん坊の娘も連れてってあげたい。

この日はフェリービルディングも混んでました。

image

しばらく雨が続いたけど、
こんな青空がやっぱりカリフォルニアらしい。

これから夏に向け観光客もどんどん増えてきます。






ポチッとよろしく。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ


LUSH、お風呂の掃除がね

サクラメントのモールを歩いてLUSHに寄ると、
入り口でギョッ。
ハンプティダンプティがお出迎え。

イースターが近いから玉子つながりなのか。笑

image

LUSHはイギリスのお風呂用コスメのお店。
むかーし、成田空港で見たけど今もあるのかな。

手作り感いっぱいの妙な石鹸や入浴剤、
しかも自然志向というのにこのド派手な色。

image

あふれるほどの果物をガンガン投入して、
石鹸やシャンプーを作ってる写真はインパクトあり。

しかし苺とかマンゴーとかパイナップルとか、
口から食べるもんでしょうに。

季節ごとに変わる商品を見て歩くのは好き、
ブサ可愛いのほど心に残ります。笑

誕生日に娘にもらった一個 8ドルのバスボンブ、
もったいないけど使ってみたら、
至福の後のお風呂掃除が大変でした。






ポチッとよろしく。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ



livedoor プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ